薬の飲み方について

Q. 食間とはいつですか?

A.食間とは「食事と食事の間の時間」を言います。おおむね食事後2~3時間を目安にするとわかりやすいでしょう。
胃腸に食べ物が入っていない状態で服用いただくことで、薬が吸収されやすくなります。「食事中」ではありませんので、ご注意ください。

 

Q. 薬を水やお湯以外で飲んでもいいですか?

A.お茶やジュース、コーヒー等は薬の働きに影響を与えることがありますので、水またはお湯で服用ください。

 

Q. 漢方薬でも副作用は起こりますか?

A.漢方薬でも副作用が起こることはあります。また、症状に合っていたとしても、配合成分によるアレルギーなどが起こる場合もあります。
服用後に、気分が悪くなる、湿疹が出る、症状の悪化など、不調が現れた場合には、服用を中止し、速やかに医師・薬剤師・登録販売者へご相談いただくことをお勧めします。

 

Q. 漢方薬の効能に「不眠」とあります。昼間に飲んでもいいですか?

A.漢方薬には西洋薬のように、急激に強い眠気を引き起こす成分は入っていません。日中に服用いただいてもすぐに眠くなるようなことはありません。
※不眠に用いられる漢方薬は、からだの状態を整え床に就いた時に自然に眠れる体を作っていくものです。

 

Q. 漢方薬と漢方薬でない薬を一緒に飲んでも大丈夫ですか?

A.組み合わせによっては、副作用が出る場合もありますので、詳しくは医師・薬剤師・登録販売者にご相談されることをお勧めします。
一般的に、飲み合わせに注意が必要と言われるのは、麻黄(マオウ)や甘草(カンゾウ)、大黄(ダイオウ)、硫酸ナトリウム(ボウショウ)などを含んだ漢方薬です。

【麻黄】(配合処方:葛根湯、麻黄湯、小青竜湯、防風通聖散など他多数)
エフェドリン配合製剤と併用すると、動悸・頻脈などが現れやすくなる可能性があります。
※エフェドリンが配合されることが多い薬…鼻炎薬、風邪薬、咳止めなど

【甘草】(配合処方:甘草湯、芍薬甘草湯など他多数)
グリチルリチン酸配合製剤などとの併用により、むくみや血圧などへの影響が現れやすくなる可能性があります。
※グリチルリチン酸が配合されることが多い薬…のどの薬、鼻炎薬など

【大黄(ダイオウ)、硫酸ナトリウム(ボウショウ)】
他の下剤と併用すると、下痢や腹痛が現れやすくなります。

#漢方まめ知識
グリチルリチン酸は、甘草の甘味成分です。薬用の他、調味料(めんつゆ・しょうゆなど)、漬物、タバコなどへの味付けとして、広く使われています。

 

Q. 「高齢者」とは何歳以上ですか?漢方薬を飲んでも大丈夫ですか?

A.添付文書中の高齢者とは、通常、65才以上を言います。

※一般的に、「加齢により、薬を代謝する働きが弱まると、副作用が出やすくなる」と言われています。
特に、甘草(カンゾウ)、麻黄(マオウ)などの生薬が、1g(1日量中)以上含まれる場合、法律上、添付文書に「高齢者は、服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください」と記載しなくてはなりません。
しかし、体の機能には個人差があり「全ての高齢者にとって危険な薬」という意味ではありません。医師・薬剤師・登録販売者など専門の方とご相談いただいた上、薬が病気・体調に合っていれば服用いただけます。

 

Q. 漢方薬はどのくらいの期間、飲むと効きますか?

A. 薬・体質によって効き目を感じるまでの時間は異なります。カゼ・胃腸炎など急性病に対しては比較的早く効くものが多く、1回の服用で効果を実感できることもあります。
体質改善などに使う場合は、まず1、2週間様子を見て、「何となく調子が良いな」と感じれば効き始めです。

継続服用で体質が変われば、薬を変えることもあります。医師・薬剤師・登録販売者など専門家と定期的にご相談いただきながら、ご服用ください。