2011/3/7

冨貴薬草試培園

所在地 愛知県知多郡武豊町
面積 約1400㎡
設備 温室1棟、気象観測装置1機、太陽光発電装置1機
内容 薬用植物 薬木を含む約50種約70品目

薬草試培園の活用目的

  • 薬用植物見本園
  • 「取り扱う生薬について、原植物の段階から理解すべき」という会社方針に対する社員教育用施設
  • 生薬品質向上・安定化のための栽培研究
  • 生薬産地・栽培地の薬用植物種苗の入手および栽培保存

これまでの経緯

1970年代に現在の所在地より西に約1㎞の土地(約3000㎡)に数十種の薬草を植え、松浦薬業薬用植物園としました。1991年冨貴工場建設に伴い、工場緑化を兼ね現在の場所に移設。山を切り崩した土地に加え、そもそも知多半島は常滑焼の赤色でお馴染みの赤土粘土層であるため、開園当初は雑草も生えないような土壌でした。そこで、弊社工場から出る漢方製剤の副産物である抽出残渣を有機肥料原料として土に混ぜ込み、幾度となく耕して土地改良を行いました。その結果、有機質を豊富に含んだ膨軟で肥沃な畑になり現在に至ります。


自然・地域・社会のためにできること

漢方製剤の原料生薬は、全て自然からの恩恵にあずかっています。昨今の自然破壊に伴う自然環境の悪化、乱獲による資源の減少枯渇の情報には、少なからず危惧を抱いています。
そこで松浦薬業は、環境保全の一環として「抽出残渣のリサイクル」を行っています。この活動は、地域交流の一環を成しています。
廃棄物として処理されるはずの抽出残渣を土に還元し、廃棄にかかるエネルギーやコストを削減することは、まさにエコノミーとエコロジーを一体化していると自負しております。
これらの活動は環境保全にとっては微々たるものかも知れませんが、少なくとも環境破壊の一端を担うことは絶対ないよう、今後も企業努力を惜しみません。

抽出残査のリサイクル
漢方製剤の抽出残渣を堆肥化した腐葉土をリサイクル原料として、畑の土壌改良に役立てています。

ホームへ先頭へ前へ戻る